刺繍、ワッペン、プリントで貴社だけのオリジナルユニフォームに変身

店舗の場所と商品豊富な店内

ユニフォーム、作業服、事務服、スパ・エステ、飲食店制服、大きなサイズの作業服、作務衣、食品加工業ユニフォーム

プリント

■ プリント

弊社は、県内の協力会社との提携で@シルクスクリーン、A転写プリント、Bラバープリント、C昇華プリント、Dインクジェットの5種類で対応しています。
色数や数量、デザイン内容を考慮し、お客様にとって一番メリットの高いプリント方法を提案いたしております。

@シルクスクリーン:
多くのプリントTシャツのプリントが、このシルクスクリーン。
( 長所 )
・枚数が多くなるほど割安になります。(特に色数が少ない場合)
( 短所 )
・色や形状ごとに版が必要になるので、多色で枚数が少ないときには版代がかさみ割高になります。
・ドライクリーニング不可です。
◆作品例/シルクスクリーン

A転写プリント:
転写シート(約B4サイズ)にデザインを転写しカットして、熱と圧力で貼り付ける方法。
( 長所 )
・版が必要ないので、版にかかる費用が省かれます。
・多色で小ロット、またプリント面積が小さい場合、1枚の転写シートから多く取れる場合に価格的なメリットがあります。
・意外と耐久性があり、少年野球チームの練習ユニフォームなどに使用されます。
( 短所 )
・プリント面積が大きい場合には、単価が極端に上がります。
・縁を取って圧着するので、仕上がりに違和感がある場合があります。
・熱には、弱いです。(アイロン不可)
◆作品例/転写プリント

Bラバープリント:
転写プリントと同様に版が必要なく、ラバーシートをカッティングして貼り付けます。
( 長所 )
・転写プリントよりも割安です。
・転写プリントよりは、厚みがあるので仕上がりはきれいです。
( 短所 )
・単色のみの対応になります。(ブラック、ホワイト、レッド、イエロー、ブルー、グリーンなど)
・熱には弱いです。(アイロン不可)
◆作品例/ラバープリント

C昇華プリント:
特殊なインクを気化することで繊維を染色するので、生地の風合いを損なうことなく、発色の良い多色刷りのプリント方法です。
( 長所 )
・生地の風合いを損なうことなく多色刷りが可能なので、オリジナルデザインの「かりゆしウエア」の反物プリントなどに使われます。
・版が必要ないので、版代はかかりません。(但し、デザインデータは必要です。)
( 短所 )
・現在のところ、ポリエステル100%(もしくはそれに近い混紡率)の白(もしくは、白に近い淡い色)の素材に限定されます。
◆作品例/昇華プリント

Dインクジェット:
衣類用のインクジェットプリンターでインクを吹き付ける多色刷りプリント。
( 長所 )
・版不要(但し、デザインデータは必要です。)
・生地の風合いを損なわず、多色刷りが可能です。
( 短所 )
・現在のところ、綿100%で白の素材のみに限定されます。

刺繍

■ 刺繍

刺繍料金は、デザイン、大きさなどで決定します。
特別に大きいもの、デザインの凝ったものは、版を作るのに時間と手間が掛かるので、それが刺繍料金に反映されることもあります。

@よくある左胸への社名など:作業服などの左胸に社名を刺繍する場合、一文字約50円で計算すれば間違いありません。 文字数が多い場合や社名プラス氏名などの場合は、トータルで計算するのでもう少し割安になります。
Aロゴマークなど:会社のロゴマークなど2cm角程度でしたら150円〜200円。
Bワッペンなど:ワッペンもデザインや大きさによりまちまちですが、3cm〜6cm角ですと、600円〜1000円ぐらいです。
正確なお見積もりは、デザインや大きさを確認した後になりますが、遠慮なくお問い合わせください。

例1)左胸社名・姓名・ロゴマークなど

那覇ゴルフ倶楽部 様

永吉豆腐 様

ドコモのイベントキャンペーンキャップ

例2)ワッペン

国際空手古武道連盟 様

ワッペン サンプル画像

ブルーシール

例3)凝った刺繍

カネヤマ水産 様

カネヤマ水産 様

Copyright © 2006-2017 玉宮ユニフォームセンター All Rights Reserved.

Produced by Yuntaku.com